トップ > 出版 > 雑誌「SOGI」 通巻40号--49号 サイトマップ


通巻49号 1999年
特集 創刊8周年記念特集座談会
「お葬式」はどこへ行く?
  藤井正雄×須斎美智子×草野栄応×青木かおる×土肥賢二×碑文谷創
VIEWPOINT  墓の行方
 「これからの墓地等の在り方を考える懇談会」報告書を読む〈中〉
・葬儀への提言
 相手の言葉を十分に聞いて、寄り添って―喪のプロセスとしての葬儀/三つ橋尚伸

通巻48号 1998年
特集 斎場時代を考える
 中小業者に生き残る道はあるのか?
 座談会 三島一美×平野紀子×吉田賢市×下村康範
VIEWPOINT 墓の行方
 「これからの墓地等の在り方を考える懇談会」報告書を読む〈上〉
・葬儀への提言
 神道の葬儀式と崇祖の精神を見直したい─日本人の死生観を考える 加藤隆久

通巻47号 1998年
特集 葬儀マナーの嘘
 信頼できるか「葬儀のマナー」
 マナー記述の実際とその批判
・葬儀への提言 散骨・墓地はどうなる?
・葬儀への提言 葬儀はまさに「人間の儀式てある
 「人間」を読み解いて 久野昭

通巻46号 1998年
特集 火葬の今を考える
 火葬場の近代化、その課題を探る
 座談会島崎昭×笠達雄×杉山昌司×村川英信×石井隆
 解説 火葬場とダイオキシン汚染──厚生省・実態調査結果を読む
・葬儀への提言 永代供養墓セミナー」レポート
・葬儀への提言 ひとりの人への深い関わりが葬儀を変える
 ──キリスト教葬儀からの提言 柴田千頭男

通巻45号 1998年
特集 密葬と無宗教葬
 座談会 葬儀が変わる? 密葬と無宗教葬─その現状と行方 
 宇佐美義昭×大竹幸浩×土肥賢二
 「密葬」考
 「無宗教葬」考
・葬儀への提言
 葬送習俗が失われていく中で 習俗のもつ意味までも見失ってはならない 山本尭俊
VIEWPOINT 5年目を迎えたLiSSシステム(下) 森妙子

通巻44号 1998年
特集 葬儀の習俗を考える
 葬儀の原型は、霊魂をあの世に送る営みにある 宮田登
 神島の葬儀 萩原秀三郎(写真と文)
 葬儀の習俗と葬祭業 青木かおる
・葬儀への提言
 葬送「私」考─均一化と個別化のはざまで/中沢正夫

通巻43号 1998年
特集 データで見る日本の葬送
高齢化が著しく進む中で、日本の葬送はどう変化していくのだろうか。
・葬儀への提言 インターネット 葬儀関連イエローページ
・葬儀への提言
 「脳死・臓器移植」批判 死は、死にゆく者と看取る者との共鳴関係によって成り立つ/小松美彦
VIEWPOINT 5年目を迎えたLiSSシステム(上)/森妙子

通巻42号 1997年
特集 墓の選択
 永代供養墓は、墓革命の先駆けか?
 座談会 松島如戒×滝沢和夫×小山城史×草野榮應×小川英爾×碑文谷創
・REPORT 深く静かに浸透する「散骨」の動き
・葬儀への提言 葬送が多様化する中で
 葬送は基本的に自由である 梶山正三
VIEWPOINT 葬送の新しい制度的枠組みを
  ─現代の葬送・墓地問題 森 謙二

通巻41号 1997年
特集 葬儀サービスの問題点
・VIEWPOINT 「法宴」を問う──ホテル葬の問題点 碑文谷創
・葬儀への提言 石井千賀子
 悲嘆の中にいる人々にセラピストとして接して
 人それぞれの死を受けとめ方を理解し、支え合うネットワークが必要

通巻40号 1997年
 通巻40号記念特集 「葬儀の宗教離れ」を問う
 葬儀の宗教離れが進んでいる。
 これまで「死」を意味付けてきた宗教が、
 葬儀に力を失いつつある原因とその影響を探る。
・葬儀への提言
 被災寺院の一住職として 阪神,淡路大震災における生と死を考える 明石和成





Copyright © 2005 表現文化社