トップ > 評論 サイトマップ


遺族の権利、消費者の権利その1 その2 New  碑文谷創 2013.7
  
死者を弔うこと―葬送の行方 その1 その2  碑文谷創 2012.9
  
データを読み解く―葬式についての消費者の理解〈下〉 その1 その2  碑文谷創 2014.7
  
データを読み解く―葬式についての消費者の理解〈中〉 その1 その2  碑文谷創 2014.5
  
データを読み解く―葬式についての消費者の理解〈上〉 その1 その2  碑文谷創 2014.3
  
分析 経産省「葬祭業アンケート調査結果」 その1 その2 その3  碑文谷創 2011.11
  
分析 経産省「一般消費者アンケート調査結果」 その1 その2 その3  碑文谷創 2011.11
  
解題 経産省「ライフエンディン・グステージ」 その1 その2 その3  碑文谷創 2011.9
  
 葬祭業とは何か?  碑文谷創 2009.1
  
 葬式の実際 ―死の看取りから始まるプロセス  碑文谷創 2007.3
  
 変わりつつある葬儀の課題  碑文谷創 2008.1
  
 岐路に立つ葬祭仏教  碑文谷創 2008.3
  
 なぜいま葬式で宗教が問われるのか?  碑文谷創 2006.11
  
 葬送の変化は現在進行形  碑文谷創 2006.9
  
 葬祭業界の抱える問題点  碑文谷創 2006.9
  
 供養の再評価  碑文谷創 2006.7
  
 葬祭サービスを問う  碑文谷創 2006.3
  
 公取「葬儀サービス取引実態調査」を読む--葬儀業界が改善すべき課題  碑文谷創 2005.9
  
 葬儀における式の意味共感できる葬儀式の空間を―失われいく宗教性を憂う  碑文谷創 2005.5
 
・増える社葬の「お別れ会」・演者と観客・葬儀とはプロセス
・葬儀式とは・糾弾すべき宗教の売買 
  
 葬祭仏教の問題点と行方碑文谷創 2002.11
  
 現代の死碑文谷創 2005.3
 
1.死の問題の多様性と死別の文化2.死因で見る死の多様化3.死の概念の変化
4.死の判定―心臓死と脳死5.デス・ケアという視点 
  
 死と葬儀に関する意識変化碑文谷創
 
寅さんの葬儀が象徴するもの・死に対する観念の変化・死は個的な営みか
  
 グリーフとは何か碑文谷創
 
 愛する肉親との死別は遺された者に深い悲しみである悲嘆グリーフをもたらす。 この悲嘆を解きあかしたC.M.パークスの死別--遺された人たちを支えるために原著1986年、桑原治雄ほか訳、メディタ出版を参考にしながら死別の悲嘆とは何か?を探ってみたい。
 
1.死の2つの側面--序として2.愛の代価としてのグリーフ3.死を招くこともある悲嘆
4.悲嘆が招く症状5.憐れみの危険と援助者6.グリーフワーク
7.衝撃と心の麻痺8.焦燥感と怒り9.思慕
10.抑鬱そして転機11.慢性悲嘆12.看取り
13.葬式と援助    
  
 葬儀と習俗の問題 ―日本人の死に方の過去と現在碑文谷創 2003.6
 
○はじめに1.日本人の死の現況2.葬儀と墓の変化
3.死の看取りの習俗4.生と死の境界線としての通夜5.葬儀の構造
  
 遺体の取り扱いとエンバーミング碑文谷創
 
・遺体の位置づけ・現代日本における遺体の取り扱い・エンバーミング
  
 葬儀のプロセスと機能碑文谷創
 
私は葬儀の機能をプロセスに合わせて分けて考えてみることを提唱している。
 
・臨終・通夜・葬儀式
・告別式・遺体の処理・喪
・死別の悲嘆・告別式・死の事実認識の必要性
・子供を葬儀に参加させるべきか・人の死  
  
 お葬式とは何か碑文谷創
 
お葬式とはそもそも何なのだろう か? 葬式無用論も出る中で、原点に返って、お葬式を考える。
 
・逢いたい、逢いたい…… ・死別ということ・母の死
・家族の死と弔うこと・通夜・葬儀は一切行わない-あ る遺言・お葬式は虚礼か?
お葬式批判の検討・自分らしい葬儀・自分の死と家族の死
・伝統の継承の断絶お葬式否定への反発  
  
 ブックガイド碑文谷創 2003.6
 
 死や葬送関連を扱った本は多い。特に近年はさまざまな書籍が書店の棚に並ぶ。どれを読んだらよいか、どれが信頼できるか迷う人も多いだろう。 そこで、ここでは基本的な書籍を中心にして紹介することにする。読者が手に取って読めることを前提に日本語で読める書籍に限定した。 また、書名がわかるだけでなく、多少は内容がわかるように注釈を加えている。流れのようなものがわかればという気持ちからである。但し、筆者(碑文谷)の関心が左右していることは否めない。その意味では筆者の読書ノートという性格が強いかもしれない。
〔注〕★印を付したのは筆者が特に重要と考えた書籍である。〔碑文谷創〕 現在内容は古いままです
 
生と死 死の哲学 死の歴史学
死の社会学 葬送入門 日本の葬送の歴史
葬送の民俗学 死と宗教 法医学
グリーフワーク 死の考察 辞典・事典

Copyright © 2005 表現文化社