トップ > 実用 > 葬儀Q&A > 葬儀Q&A9〜12 サイトマップ


Q9 嫁いだ娘の死、喪中か?

 私の娘が1月に死亡し、深い悲しみの中にあります。しかし、娘はすでに嫁に出した身です。私は喪中になるのでしょうか。また、喪中ハガキを出しておかしくないのでしょうか?(75歳男性)

A 戦前ですと、家族は家という単位で見る傾向がありました。しかし今は違います。家族は結婚しようが他姓を名乗ろうが、家族は家族です。娘さんが結婚し他姓を名乗ろうが、あなたの娘さんであることに変わりはありません。お嬢様を亡くされたあなたがたご夫妻の悲しみはたとえようがなく深いものであるとお察しいたします。
「喪中」とは「喪に服している」という意味です。言い換えれば「最愛のご家族の一員を亡くされて悲しみの中にある」という意味です。深い悲しみの中にあるあなたは、まさに喪中です。

 喪中ハガキをお出しになるかどうかはあなたの自由ですが、喪中にあるあなたが喪中ハガキを出していけないということはありません。
 喪中ハガキの既定の文章は「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」となっています。この意味は「本来は年末年始のご挨拶にうかがうべきところですが、家族を喪い喪に服しておりますので、ご挨拶を差し控えさせていただきます」という意味です。昔、お世話になった家には年末年始には訪問してご挨拶をすることが礼儀であった時代を想像するとわかると思います。この場合の「遠慮」は「差し控える」という意味です。最近、喪中ハガキを「年賀状を寄越さないでくれ」という断り状と思っている人がいますが、それは誤解です。

 なお、あなたが喪中ハガキをお出しになる場合、「1月に長女○○山○○子が亡くなりました」という言葉を添えられるとよいでしょう。また知らずに年賀状をくださるご友人もいらっしゃるかもしれません。そのときは1月の下旬から2月頃に「寒中見舞い」とし、お嬢様を亡くされたために年始の挨拶を失礼した旨お伝えするとよいでしょう。

Q10 散骨したいのだが…?

 父は昔船員をしていた関係で、生前「俺の遺骨は太平洋に撒いてくれ」と言っていました。散骨する場合にどのような点に気をつければいいのでしょうか。どこかに届け出る必要はあるのでしょうか。(56歳女性)

A まず「散骨」の定義ですが、「焼骨を粉末状にして、墓地または墓地以外の場所に焼骨を撒布すること」となっています。「焼骨」とは火葬された遺骨という意味です。

次に、法律的なことについてお答えしておきましょう。散骨は「遺骨を捨てる目的ではなく、あくまで葬送を目的として、節度をもって行うならば違法ではない」というのが現在の有力な法解釈となっています。お父様の遺志であるならば「葬送目的」となるでしょう。問題は「節度」の内容です。これについて定めたものはありませんが、常識的には次のようになるでしょう。

 第1に、遺骨を原型を留めないように粉々に砕く。第2に、他人が嫌がらないような場所に撒く。第3に、撒くことで環境汚染にならないように注意する。
 アメリカでは2ミリ以下にするよう定めた州法もあります。海であれば海水浴場や海岸線の近くは避け、沖合いに出て行うべきでしょう。また、遺骨と一緒にビニールで梱包したままの状態で生花を海に投ずることなどは海を汚すことになるのでやめたいものです。
 今、散骨サービス事業者も出てきました。こうした事業者は遺骨を細かく砕くミキサーを保持しているところが多いです。また、ミキサーももたずに散骨サービスをしているところはやめたほうがいいです。

 散骨は法律的に明文化されてはいません。そのため届け出たり、許可を受ける必要はありません。しかし、どうやってもいいわけではないことは上述したとおりです。
 なお、散骨されることはご自由ですが、遺骨全部を散骨した場合、遺骨が手元に残らないために、後に寂しいと感じられる人もいます。その場合、遺骨一握りを手元に置き、仏壇に安置したり、家のお墓に納めるという方法もあります。
 ご家族でよく相談なさって、悔いのない葬りをしてください。

Q11 祭壇は必要なの?

 昨年父を送りました。そのとき迷ったのが祭壇でした。結局袖のついた中クラスの祭壇を選びました。母のときはどうしようかと悩んでいます。いらないという選択もあるのですか。(55歳女性)

A お葬式というと、祭壇を見せられ、どの祭壇を選ぶかでセット方式になっていることが多いです。お葬式に詳しくない場合には、気に入った祭壇があり、値段も手ごろであれば、セット方式を選ぶと必要なものが揃っていて、便利かつ安くなるケースが多いようです。
 しかし、気に入った祭壇がないときは、提案してみるのもいいでしょう。「このBセットから祭壇を取り除いて、柩を母の好きだったユリの花籠4つくらいで囲んでもらえませんか」と。
 気の利いた葬儀社さんならば、きっとあなたの希望を入れて、その他必要な用品を組み込んで、見積もってくれるはずです。

 セットになっていても選べるものは祭壇以外にもあります。
 まず棺です。材質や形、彫刻のあるなし、また布張棺もあります。写真を見せてもらって、「この彫刻棺を布張棺にしたらいくらになりますか」と聞いてみるといいでしょう。
 その他、写真のモノクロかカラーか、大きさ、額といろいろ選択肢があります。
 選ぶのは消費者の権利ですから、祭壇、棺、写真、お花などについては希望があれば申し出て選んでいいのです。
 良心的な葬儀社でしたら、希望をいやがらずに聞いて、それに合わせて見積もってくれるはずです。

 なお仏教で葬儀をする場合、僧侶の前の、香炉、燭台、花立てを置く前机は必要となります。このように、宗教儀礼では欠かせないものもありますので、その点は葬儀社の方におたずねください。

Q12 献体はどうするの?

 友人から「献体というのをするとお葬式しなくていいそうよ」と聞きました。献体というのはどういうもので、どういう手続きをすればいいのですか。(70歳女性)

A まず言っておかなければいけないのは、「献体すればお葬式はいらない」というのは誤解だということです。火葬はしなくてもいいですが、お葬式というのは大きさの大小を別として、遺された人々が死者を弔うという行為ですから、誰も身寄りがいない、親しくしている知人や友人もいないなら別ですが、何らかの弔う行為を伴うはずです。

 さて献体ですが、「医学・歯学の大学における人体解剖学の教育・研究に役立たせるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供すること」を言います。
 つまり、将来医者になる学生が人体解剖学の実習をする教材に自分の遺体を使ってもらおうとして提供することです。
 これは医学教育のためにとても重要なことです。医師養成のために献身するという、この主旨を理解し、賛同する人が、自分の自由な意思で登録しておきます。このとき家族のある人は家族の同意を必要とします。
 登録の申し込み先は、篤志家団体または近くの各医科大学や歯科大学になります。

 なお、献体の実行は以下のように行われます。
 献体登録者が死亡すると、遺族は登録先の大学にできるだけ早く連絡し、遺体の引き渡し手順を打ち合わせします。大学では48時間以内の引き取りを希望しています。別な言い方をすると48時間はお別れする時間があるということです。
 通常であれば、亡くなった日の夜に通夜をし、翌日に葬儀・告別式をし、火葬場に行く代わりに大学からの引き取りの車に乗って大学へ向かいます。
 大学では防腐処置を施され、解剖実習に供され、死後1〜2年後に大学の責任で火葬され、遺骨となって家族の手に返還されます。
遺骨は、引き取り手のいない場合、または希望すれば、大学の慰霊塔に合祀され、毎年供養のための慰霊祭が行われます。

献体すればお葬式しなくてもいい、お墓がいらないというのは、主旨が違いますから注意しましょう
・篤志解剖全国連合会 東京都新宿区西新宿6−15−12ストーク中央公園703
電話03−3502−2073



Copyright © 2005 表現文化社