トップ > 実用 > 葬儀Q&A > 葬儀Q&A46〜53 サイトマップ


Q46 葬式をしないのは?

私は子どもに迷惑をかけたくないので、自分の葬式はしないでいいと遺言しようかと思っているのですが、非常識ではないでしょうか?(65歳女性)

A いわゆる葬式をしないケース(火葬だけするので直葬と言われています)は、最近増える傾向にあります。東京23区では15%から20%程度あると推定されていますから、最先端の流行のようなものです。全国にもこの動きは少しずつ波及しそうです。
 でも私は、この流れを苦々しく思っている一人です。何か人間のいのちが軽々しく取り扱われているような気がするのです。

 一人のいのちがこの世に誕生し、さまざまな紆余曲折はあったにせよ生きてきたということは尊いことだと思うのです。どんな人生だったから、とか、社会的立場がどうであったか、ということに関係なく、一つひとつのいのちが尊いものだと思うのです。
 そのいのちが人生を終えたとき、そのいのちが尊いものであることを承認し、弔う、というのは、いわば人間の本能のようなものだと思うのです。
 この弔いを放棄するというのは、不自然というか、人間のいのちに対してもっている自然な感情を否定する行為であるように思うのです。
 何も葬式を大きなものにする必要はないのです。集まる人が少なくともいいのです。弔いという行為が大切なのです。

 お子様に迷惑をかけたくない、とおっしゃいますが、葬式というのは家族の義務ではなく、権利なのです。その権利を奪うことは本人にもできないと思います。  尊厳死等の死の自己決定権はもとより、死後の自己決定権も、遺言、埋葬されたい場所など各点で認められる傾向にあります。しかしそれには制限があるのです。法律的には公共の福祉に反しなければいい、ということですが、私の考える制限はもう一つあります。それは「家族に対する真の愛情」です。「本人が葬式しなくていい、というのだから文句ないだろう」とおっしゃるかもしれませんが、それがあるのです。

 死というのは本人だけに起きるものではないのです。家族もまた死を体験するのです。家族は死別による悲嘆(グリーフ)を体験します。遺族となった家族は、その死の事実を確認し、悲しみ弔う自らのグリーフワークのためにも葬式を営むのです。
 葬式をしないということは、家族に死の事実を曖昧にさせ、悲しむことを抑圧することになりかねません。
 弔いというのは、死者本人のために行われ、そのいのちが尊いものであり、その有形無形の財産(人間関係とか愛情とか、いろいろたくさんあります)を引き継いでいく、そして悲しみの中にも送り出す作業です。

 人間であるかぎり、誰でも、たとえ家族がいなくとも、弔われる権利がありますし、同様に、遺された家族には弔う権利があるのです。
 2000年以降、葬式がひじょうに変化してきました。このまま変化したら、あと5年後には葬式の風景は一変しかねないほどです。
 この変化の中には好ましい変化もありますし、反対に好ましくないものもあります。

 好ましい変化という点では、葬式や埋葬が、世間体や家(イエ)中心だったのが、もっと死者本人中心に営まれるようになったことです。形式ばったことが幅をきかせていたのが、死者との別れを大事にするようになったことです。
 そうしたいい変化もあるのですが、反面、人間味が乏しい、死体処理としてしか見えない、あまりにドライな葬式が増えた点は心配です。
 近年「家族葬」が人気ですが、家族葬にも、「いい家族葬」と「悪い家族葬」があるように見受けられます。
「いい家族葬」とは、世間体重視ではなく、本人をよく知る、愛する人たちが集まって、丁寧に死者とお別れして、送ってあげようとする愛情に満ちた家族葬です。  他方、「悪い家族葬」とは、死者本人の生前の人間関係を家族が無理やり遮断して、閉ざされた家族だけで、単に安く、簡単に葬儀をして済まそうという動きです。

 葬式というのは、伝統や慣習もありますし、それはそれで尊重されるべきですが、本来は、人の死を弔うという単純な行為です。極めて人間的な、人間味のある行為です。これは迷惑とか負担という次元とは異なります。虚飾は廃するべきですが、こうした愛情をもっていのちの尊厳を守るという原点は大切にしたいものです。


Q47 本名で葬式できないの?

私は戒名が嫌いです。一人の人間として生きてきたのですから、死後も本名でいたいのですが、無理ですか?(70歳男性)

A 誰にとっても本名というのは大切なものです。アイデンティティ(自分が自分であること)の象徴ですから、本名に対する愛着は捨てきれるものではありません。また、捨てる必要もありません。
 葬式で戒名(浄土真宗では法名)を授かるのは、仏教で葬式をあげるときですから、仏教で葬式をしない、キリスト教や神道、あるいは無宗教の場合には戒名(法名)はつきません。誰でもが死後に戒名(法名)を授かるわけではありません。

 本来「戒名(法名)」は仏弟子としての名前ですから、仏教に帰依したときに授かるものです。そういう意味では生前に仏教に帰依したときに授かるのが本来です。
 しかし、多くの人は生前に戒名(法名)を授かる習慣がありませんので、死後に授かることになります。
 仏教で葬式をあげるということは仏教徒であることを前提として葬式をするのですから、まだ戒名(法名)を授かっていない人の場合、葬式の前段階として戒名(法名)を授け、仏教徒として葬送の儀式を行うのです。
 仏教に帰依するわけではない。しかし、お経はあげてほしい。というケースでは、戒名(法名)をつけずに俗名のまま葬式をあげることができます。このようなときは前もって自分の意思を書き残しておくといいでしょう。

 しかし、菩提寺があり、そこの墓地に葬られるときには戒名(法名)が必要になるケースがほとんどです。
 なぜならば、菩提寺の墓地は檀信徒用に設けられている。つまりそのお寺の宗教宗派に帰依した人用の墓地であるからです。
 ですから公営墓地や民営墓地等の寺院境内墓地以外に葬られるケースでは、たとえ葬式で僧侶に読経をお願いしても、仏教徒として扱われたくないならば本名で葬式をする、つまり授戒などしないで葬式することもできます。

 注意しなくてはいけないケースは、故郷に菩提寺はあるが、東京なり大阪等で葬式をあげる場合です。ほんとうは菩提寺の住職に来てもらい葬式をしてもらえばいいのですが、そうできない場合です。
 一つの方法は菩提寺の住職に戒名(法名)をつけてもらい、それを送ってもらい葬式をすることです。もう一つの方法は、葬式は俗名でして、納骨するにあたって菩提寺の住職に戒名(法名)をつけてもらいます。
 菩提寺に葬られるのに菩提寺を無視して戒名(法名)をつけると、後からトラブルの要因になります。

 ご質問の主旨は本名へのこだわりにあると思います。死後に戒名(法名)がついても、本名がなくなるわけではありません。本名は本名としてあって、もう一つ仏教徒としての名前があるとお考えになるといいのではないでしょうか。
 例えば筆者は本名のほかに筆名(ペンネーム)をもっています。俳句をやられる方は号をもっています。
 それと同じだと思います。筆者は本名は大切にしていますが、文章を書くとき、仕事をするときは筆名です。本名で仕事をすることはありません。両方の名前に愛着とこだわりをもっています。

 戒名(法名)は、死後の名前ではなく、仏教徒となった証に授かった名前と解釈すれば、本名と戒名(法名)の両立は可能です。
 私の知っている真宗大谷派の僧侶は、名刺に、(  )内に法名を書いていました。私も本名を知らせる必要のある人に対しては筆名・事務所、本名・自宅を両方記した名刺を用意しています。
 本名と戒名(法名)は充分に両立が可能です。
 もう一つ戒名(法名)について関連したことを書いておきます。
 よく戒名(法名)を自分でつけることができないか、という質問があります。
 戒名(法名)は筆名と異なり、仏弟子にさせていただいた証として「授かる」ものなのです。授かるものである以上、檀那寺の住職に相談もせずに自分で勝手につけることはできません。
 しかし、希望があるならば、檀那寺と生前によく相談されたらいかがでしょうか。希望を入れてくれる僧侶もいることでしょう。
 死後につける場合でも、僧侶は遺族から話を聞いて、本人の好きだった文字、信条から字をとり戒名(法名)を授けることが多く見られます。


Q48 友人と一緒のお墓に?

私は離婚し、現在友人と一緒に暮らしています。2人でときどき相談するのですが、友人と一緒のお墓に入ることはできないでしょうか(63歳女性)

A お二人にそれぞれ家族があり、またお墓があった場合、そのどちらかの家の墓に入る、という場合には問題が生じます。
 その場合、入ろうとするお墓の使用者(兄なり甥、姪なり)の許可を必要とします。使用者からすれば実の妹の遺骨はいいが、妹の友人とはいえ他人の遺骨を自分の家の墓に入れることを了解するだろうか、という問題です。一番目の関門は使用者が埋葬を許可するか、です。

 使用者が許可し、第一関門を突破すると、今度は墓地の使用約款なり使用規則が問題になります。
 墓地によっては親族以外の埋葬を拒否する規定を設けているところがあるからです。
 この第二関門も無事通過すれば、お二人はどちらかの家のお墓に一緒に入ることができます。
 お二人が無条件で一緒に入ることができるお墓があります。
 それは永代供養墓、合葬式墓地、樹木葬を選ぶ場合です。申し込みはお二人別々になることが多いですが、こうした継承者を必要としないお墓の場合には、お二人が一緒に入ることができます。

 お二人だけのお墓を新たに、というご希望の場合には、難しい問題があります。
 まず約款や規則で親族以外の埋葬を許可している霊園を選びます。次は名義の問題が出てきます。共同名義はありませんから、どちらかの名義になります。この場合、お二人の死後、お墓を守ってくれる人がいる方が名義人になります。お二人だけの墓、とはいっても、やはりお墓の守り手が必要になるのです。


Q49 死に顔をみせたくない…

私は自分の死に顔を家族にも、ましてやお葬式に来た方にお見せしたくありません。皆とは私の元気なときのイメージでお別れしてもらいたいのですが可能でしょうか(75歳女性)

A まず「家族にも見せたくない」というのはできませんし、しないほうがいいでしょう。
 あなたは「看取られる」側ですが、同時にご家族は死を看取る立場にあります。あなたの死を事実として確認しないことには家族は次のステップに踏み出すことが難しくなります。

「死に顔を見る」というのは家族の特権なのです。死ぬ側の意思の如何にかかわらず、遺された者の権利としてあります。
 但し、死に顔を家族以外には見せないという選択は可能です。簡単な方法は、死に顔に接してのお別れは家族だけで、とすることです。葬儀社に伝えることによって配慮してくれます。
 厳密にやろうとするならば、まず家族だけで密葬をし、火葬にして遺骨にした状態で本葬、告別式あるいはお別れの会をします。遺骨にしてから葬式をするのは東北地方等で見られる方式で「骨葬」と言われます。

「やつれた顔を見られたくない」ということでしたら、技術的に解決する方法もあります。
 それは遺体にエンバーミングを施すという方法です。エンバーミングをすることにより、やつれ、目の窪み、頬の落ち込みだけでなく、血色もよく元気だった頃のお顔を復元することが可能です。
 但し、エンバーミングをする場合、ご家族の同意が必要ですので、いまのうちにご家族に相談し、同意を受けておきましょう。また、日本ではエンバーミングの施設が限られていて、地域によってはできないところがあるという残念な事情があります。

 もう一つ深く考える必要のある問題があります。
 人間はいつまでも若くいられることはできません。いくらアンチエイジングの治療が進んでも、やがて老いて死ぬということは人間の現実です。老いるということは足腰が自由にならない、痛い、頭の回転も悪くなる、病気が多くなる…と悪い方向に考えれば都合が悪いことがたくさんあります。

 しかし、いのちというのは現在だけではなく、この世に生を享けてから死に至る暮らしの総体なのです。家族や知り合い、友人とのこれまでの暮らしの全体そのものが尊いのです。ですから死に顔だって、尊いのだと思いますし、遺される人は、死後も、その人の人生を大切な思い出としていくでしょう。


Q50 葬儀の案内が来ない?

私の親友が亡くなったようなのです。というのは家族葬だということで、友人の誰にも通知が来ませんでした。何かしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?(72歳男性)

 最近「家族葬をする」ということで、本人の親友にすら通知しないケースが見られます。
 本来「家族葬」というのは、本人と親しかった人を中心にお別れし、送ってあげたい、という趣旨でしょうから、家族だけではなく、本人と親しくしていた人にも案内して行われるのがいいと思います。

しかし、ご家族が長期の看護で疲れていたり、あまりの衝撃で気持ちに余裕がなかったりした場合には、家族以外の人へ配慮する余裕もなく、家族だけでお葬式をしてしまうケースがあります。
 しかし、このような場合、本人と親しい方々は、お別れする機会がなくなるわけですから、気持ちの整理ができないことがしばしばあります。
 親しかった人は、ご遺族が落ち着かれた頃を見計らって三々五々に喪家にお線香をあげさせてもらおうとうかがうことになりますが、こうして訪れる方が多いとご遺族の負担にもなります。

 ご親友だったとのことですから、その淋しさ、やりきれなさは充分にわかります。私も親友の葬式に訳あって参列できなかったときには辛い想いをしたことがあります。
 そこでご親友の立場としては、お花を贈ったり、弔電を打つということが常識的に考えられます。でも、想いはそれだけでは充たされないでしょう。
 提案としては、ご親友の方数人が発起人になり、偲ぶ会をなさったらいかがでしょうか。ご遺族にもご相談され、死亡後1カ月から1カ月半を目処にして開催されるのがよろしいでしょう。
 友人の方の主催ということであれば会費制で行うのもいいでしょう。会費と参加予定人数を提示すれば、葬儀社のほうで予算内であがるよう提案してくれると思います。こういう場合、遺族に負担をかけたくないので、会費で全部まかなえるようにすることがコツです。
 ご遺族にお願いして、当日は遺影とできれば遺骨をご持参いただくとよいでしょう。友人の皆さんが一人ひとりお別れできるためです。


Q51 香典辞退すべきか?

関西在住ですが、最近ご近所は香典辞退される方が増えています。しかし、父の葬式には全国から会葬の方が見えると思います。近所に合わせて香典辞退とすべきでしょうか。その場合、香典を持参された方に失礼にならないでしょうか?(48歳女性)

 関西では、「香典をもらわないと葬式できないような家ではない」「香典返しが面倒」などの理由で香典を辞退される葬式が増えていますが、そもそも香典とはどういうものかを考えると疑問です。
 香典を持って来られる方は故人に弔意を表そうとして香典を持参されるのです。お金という形をとりますが、気持ちです。
 ですから香典を辞退するとは弔意の気持ちを受け取らないということになりかねません。特に故人と親しかった人の場合には、香典を受け取ってもらわないと気持ちが釈然としないところがあります。

 香典については喪家側の都合よりも香典を持参される方々の気持ちをまず尊重すべきであると思います。
「近所で香典辞退が一般的だから」と合わせる必要はありません。
 もし香典を辞退される場合には、葬式の通知、案内文に「ご香典はご辞退申し上げます」と書く必要があります。受付にも書いておきます。なぜそれが必要かというと、葬式では香典を受け取るのが基本になっているからです。
 もし仮に香典を辞退されてもお花(大阪では紙樒という習慣があるようです)までも辞退するのは行き過ぎでしょう。それこそ会葬される方の気持ちを受け止めるものがなくなるからです。

 そもそも香典辞退は社葬から始まったと言われています。それも弔問者の気持ちではなく主催する会社の都合から始まったものです。会葬者は故人を追悼する気持ちで来るのですから、その弔意の表現である香典は会社ではなく、遺族が受け取るのが正当です。お返しも遺族が行うのであれば何らの問題がないのです。
 葬式というのは合理的であるばかりがいいわけではありません。遺族の気持ち、会葬される方々の気持ちを尊重したものでありたいものです。


Q52 一人暮らし、葬式は?

私は娘が外国暮らしで一人住まいです。死亡したら、葬式はどうしらいいでしょうか?(72歳女性)

 いざというときは娘さんが帰国してやってくれるというならばいいのですが、そうでない場合について考えてみましょう。
 葬式をサポートしてくれる市民団体あるいは葬儀社に事情を話して相談してみましょう。

 まず相手先が信頼できるかどうかの確認が必要です。相談してみて信頼できると確認できたら、相手先から葬儀の見積書を受け取り、費用が納得したら生前契約を締結しておきます。

 また、費用は事前に支払うと、約束が履行できない場合に困りますので、約束通りの葬式が行われたら支払われる仕組みにしておきましょう。
 遺言で「負担付遺贈」というのがあります。つまり葬儀を契約通りに施行してくれたら残した財産から支払うという形式です。

 契約先の法人を祭祀主宰者に指定しておきます。本来は娘さんがいいでしょうが、外国で暮らしていて、すぐ戻って来られないとか、葬式の手配等ができないなら、これをやってくれる人を予め指定しておきます。
 できれば祭祀主宰者の指定、負担付遺贈は公正証書遺言にしておき、生前契約も公正証書にしておくとよいでしょう。

 こういう手当てをしていても、問題は万が一の時に連絡がきちんとできなくてはいけません。家のわかりやすい場所に契約先の連絡先を記すほか、いつも携帯している免許証や財布にも連絡先を書いた紙を入れておきましょう。
 生前契約の中には、どんな葬式をいくらでするか以外に、娘さんへの連絡も入れておきましょう。

 娘さんがすぐ帰って来られない場合にはエンバーミングすることによって遺体を衛生的に保全することができますので、そのことも生前契約に入れておくとよいでしょう。
 また、娘さんと電話、メール、ファックスで定期的に連絡をとるようにしていて、連絡がないときには娘さんから契約先に連絡する、あるいは契約先と定期的に連絡を取るようにしていると、いざという時の助けになります。


Q53 葬式のとき、仏壇は?

インターネットで調べていると、葬式のときには仏壇は閉めておくと記述されているのと、仏壇は開けておくと記述されているのがあります。どちらが正しいのでしょうか?(45歳男性)

 正解は、仏壇は開けておく、です。閉めておくのは仏壇ではなく、神棚のほうです。
 家に神棚がある場合、死者が出たら神棚封じをします。これは家族外の人にやってもらいます。葬儀社に頼めばやってくれます。四十九日の間を神棚は封じておきます。
 これも習俗に近いことですが、死穢が及ばないようにと説明されています。

 仏教にはそもそも死が穢れであるという観念はありません。いわばホームチャペルである仏壇は開けておくのが正しいと言われています。
 中には死穢という考え方から仏壇も閉めておくよう書いている本もありますが、誤解です。その誤解が地域の習慣になっているところもあります。

 習俗というのは厄介なものです。葬式や火葬に行った後、家に入る前に振りかける塩、清め塩もそうです。
 葬式や火葬に行くと死穢に染まるから塩で清めるという理屈です。浄土真宗では死穢はないという考えを強く出していますから、清め塩を用いることに反対しています。では他の仏教の各派はどうかというと、死穢を認めているところはありませんから清め塩はいらないのが理屈です。
 清め塩を用いるのは宗派により理解が異なるのではなく、習俗なのです。この習俗に厳しい宗派と厳しくない宗派があるのです。

 仏壇を閉めておくというのも、その地域の習俗になっている可能性があります。これに対し浄土宗、浄土真宗は開けておくよう強く主張しますが、その他の宗派では特に主張しないことから誤って定着している可能性があります。

 死穢(死は穢れであり伝染する)という観念は日本人の中に古くからあります。関東地方で葬式のときの食事を「お清め」と言うのもその名残です。しかし、現代にあってはこの観念を一掃したほうがいいのではないでしょうか。





Copyright © 2005 表現文化社