トップ > 実用 > 葬儀Q&A > 葬儀Q&A41〜45 サイトマップ


Q41 お坊さんは必要か?

お葬式にどうしてもお坊さんを頼まなくてはいけないのでしょうか?面倒なだけのようですが…。ちなみに、母はお坊さんを呼ぶのは当然という考えです。(33歳女性)

A  お葬式にお坊さんは必要か、ということですが、必要ないとも言えますし、しかし、断言できることではありません。なんとも中途半端な回答ですが、その理由を説明してみましょう。

 必要ないというのは、何も葬式は仏教で行わなくてはいけないという決まりはどこにもないからです。データで見れば94%の人が仏教で葬式をしていますが、各自の信仰、宗派、慣習によってそうなっているだけです。少ないとはいえ神道で葬式する人は2%、キリスト教で葬式する人は1%います。特定の宗教宗派によらないで葬式する人も3%います。また仏教と答えた人の全てがお坊さんに依頼しているわけではありません。創価学会のようにお坊さんを入れない友人葬のような形態もあります。憲法で信教の自由は保障されていますから、葬式をどのようにするかはそれぞれの自由です。

 以上を大前提にしながらも、仏教とは限りませんが、何らかの形で宗教儀礼を行ったほうがいいように私は思います。
 宗教儀礼を行わないと葬式がしまりのない、緊張感のないものにしばしばなる可能性があるからです。宗教儀礼を伴わないお別れ会が、とかく死者を弔っているという共通意識を欠き、単なるパーティになってしまうことがあります。
 もう一つは送る人の気持ちです。宗教儀礼を行わない場合、亡くなった人の行方、どこに行くのかというわだかまりを抱えてしまうケースが少なくないからです。気持ちに区切りをつけることが難しいという問題があります。

 ご家族の気持ちも重要です。お母様はお坊さんを呼ぶのが当然というお気持ちのようです。そうしたご家族の気持ちをないがしろにするのは疑問です。
 世界各地で葬式と宗教は深い結びつきをもってきました。それは理由のあることです。人の死というのが家族に深い嘆きを与えるものであるからです。
 人は動物の一種ですから、死ぬ定めにあります。そうは言っても、家族や深い人間関係を結んできた人にとっては死は特別な体験なのです。ですから死別には深い悲嘆が伴います。いのちに真正面から向かい合うのです。いのちの本源を指し示す宗教を必要とすることも人間的にごくごく当然のことなのです。

 日本では人の死については長く、深く仏教が関係してきました。これは日本人の精神風土、文化になっています。
 生前にはお寺とそれほど深い結びつきがない場合であっても、死ぬとホトケになるという感覚が深く、広く浸透しています。これは強制することではありません。しかし大切にしていいことだろうと思います。
 無宗教で葬儀をしてしばらくしてお寺に行って位牌を作ってほしいと言う人、散骨した後に死者とのつながりを求めて苦悩する人が少なくありません。葬式をしないことを選択した人がいざ火葬をする段になったらお坊さんにお経をあげてほしいと願い出ることも少なくありません。
 理屈の話ではありません。死者と別れ、死者を送るという気持ちの中には深い宗教性、スピリチュアルな部分があるからです。私は葬儀において、こうした素朴な原初的な感情を大切にしていいだろうと思います。

 確かに、いま一般的に行われている仏教の葬式が、そうしたスピリチュアルな働きをしているか、家族の死別の悲嘆に応えるものになっているかどうかは疑問の余地があるでしょう。中には「宗教ではなくビジネスになっている」と思われる僧侶の姿も見受けるし、いかにも他人事のように係わり、緊張感のない読経に思える事例も少なくありません。最も大切な火葬に立ち会わない僧侶もいます。悪い事例は世間にたくさんあることも事実です。
 僧侶をはじめ宗教者にはお願いしたい。せめて死者のことを想って儀礼を行ってほしい。遺族の悲しみに深く配慮して儀礼や説教・法話をしてほしい。

 しかし、私は問題があるからといって「葬式にお坊さん(宗教者)は不要である」とは断言できません。むしろ、いのちの取り扱いが軽くなっている感がある世の中で、もっと宗教が大切にされていいと思うのです。葬式で宗教がもっと大切に顧みられていいと思うのです。

Q42 喪主挨拶の仕方は?

母の葬儀で、長男である私が喪主を務めます。挨拶で気をつけなければいけないことを教えてください。(48歳男性)

A  お母様のご葬儀の喪主を務められるとのことですが、喪主というのはお母様を亡くして悲しいうえに、何かと神経をつかうことが多いものです。特に、ご挨拶なさるということは緊張するものです。
 まず、上手に話そうとしないことです。ご自身の言葉で、平易な言葉で、ゆっくりと誠実に話すことが大切です。

 こんな感じで話しはじめたらいかがでしょうか。
「故人の長男の靖男と申します。本日は母のためにご会葬いただき、厚くお礼申し上げます」
 自己紹介をし、会葬いただいたお礼を言います。このときゆっくりとお辞儀をします。
 この後、故人が自分たちにとってどんな存在であったかを話すといいでしょう。例えば、
「母はご存知の方もいらっしゃるでしょうが、勝気な性格でした。しかし、それは間違ったことが嫌いということからきており、性格は真面目で、家庭では子どもや孫をたいそうかわいがってくれました。頼りになる母親でした」
 あるいは
「母は外では静かな、引っ込み思案なところがありましたが、家では全てを切り盛りしてくれるよくできた母親でした」
 自分の親だから謙遜するのではなく、故人の良かったところをはっきり話すことが大切です。
 こんな話し方もあります。
「母は早くに夫を亡くしたため、働いて私たち3人の子を育ててくれました。貧しくはありましたが、愛情をたくさん注いでくれて、子どもたちにとっては母は誇りでした」

 故人のことを話したら、臨終のことを会葬者に報告するのもいいでしょう。例えば、
「母は、3カ月前に『体調が悪い』と訴え、市立病院で診ていただいたところ、がんの末期ということで即入院となりました。痛かったろうと思いますが、病院の先生方に痛み止めを打っていただき、最期は1月15日、家族が見守る中、穏やかに息を引き取りました」
 あるいは、
「母は、最後は寝たきりになり自宅で訪問看護を受けながらでございました。1月15日、朝家族が様子を見にいきましたら、眠ったまま息を引き取っていました。長年暮らした家で最期を迎えることができてよかったと思います」

 挨拶の最後はお礼で締め括ります。
「本日は母・田中明美のためにご会葬いただき、改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました」
 お礼の言葉はゆっくりと話すことがポイントです。お礼を言ったら深く頭を下げます。
 もう一つ例をあげておきましょう。
「きょうは母が生前にたいへんお世話になった方々にお越しいただいております。母に代わりお礼を申し上げます。ありがとうございました」
 全体にゆっくり、はっきりと話すことが大切で、気の利いたことは言う必要がありません。

 ポイントを整理すると
1会葬者へお礼をする
2故人の思い出を語る
3できれば死亡の状況を報告する
4改めて会葬者にお礼するとなります。

 挨拶文の文例では「賜りましたご厚誼に対し」「ご多忙中のところ遠路はるばる」などという型にはまった表現が見られますが、無理をせず、易しい言葉で話すことのほうが、相手に気持ちが伝わります。
 喪主が挨拶するのは出棺や葬儀の後の挨拶だけではありません。いくつかの場面での文例をあげておきましょう。

●通夜での挨拶
「本日は、母・田中明美のためにお越しいただきありがとうございました。この後、ささやかな食事の用意をしておりますので、お時間のある方は、しばしお残りいただき、母の思い出話でもしていただければと思います」

●葬儀後の会食(お斎、仕上げ等)
「おかげさまで葬儀を終えることができました。お世話いただきました皆様に深くお礼を申し上げます。食事の用意をさせていただきました。おくつろぎください」

●会食後の挨拶
「本日は朝早くからお世話になりました。母に成り代わりお礼を申し上げます。今後ともよろしくお願い申し上げます」

Q43 いい弔辞とは?

今度、会社の会長の葬儀で社員代表として弔辞を述べることになりました。初めての経験でどう言ったらいいか悩んでいます。(54歳男性)

A  弔辞を述べる際に気をつけることは、次の点です。
 (1) 長くなり過ぎない。
 (2) 前置きは長くしない。
 (3) 印象深いエピソードを入れる。
 (4) ゆっくりはっきり話す。

 まず(1)の長さですが、一般に弔辞の一人に与えられる時間は5分です。しかし5分全部使えるわけではありません。前に進んでいく時間、終わって弔辞をたたみ、自分の席に戻る時間があります。しかもゆっくりとした動作で行いますから、前後の動作に各1分、計2分必要です。
 すると弔辞を述べる時間は正味3分ということになります。急いで話せば400字詰め原稿用紙1枚を1分で話すことができますが、ゆっくり話すとなると90秒で2枚、つまり3分間で話すのが適当な分量は、400字詰め原稿用紙で2枚程度となります。
 これは文字の実数が800字ということではなく、改行などを入れてのうえです。
 文章を改行するときは、話す場合にそこで一拍入れますので、改行することも計算に入れておきます。

 400字詰め原稿用紙で2枚分というのは分量的に多い量ではありません。したがって(2)の前置きをあまり入れると内容が乏しいものになります。
 前置きはこのようなものでいいでしょう。
「○○社に働く従業員を代表し、会長にお別れの言葉を述べさせていただきます」
 友人代表であれば次のようになります。
「中学・高校と一緒に学んだ友人としてお別れの言葉を述べさせていただきます」
「会社で同僚として働いた仲間を代表して弔辞を述べさせていただきます」
 会社の取引先であれば、
「仕事を通じて深くお世話になった者として、お別れの言葉を述べさせていただきます」

 本文に入りますが、(3)にあるように印象深いエピソードを入れることが大切です。
 社員代表であれば、
「会長は厳しい方でした。ミスに厳しく対処される方でした。
『ミスは隠してはならない。そのミスがどうして起こったのか、徹底的に原因究明しないと、また同じミスを犯してしまう。ミスを会社全体の共有財産にしなければならない』
と言うのが口癖でした。
 最後に必ずおっしゃいました。『どうしたらそのミスはなくせるだろうか』
 合理的な考え方の持ち主で、精神論やミスした本人の資質の問題としてではなく、常にシステムの改善の問題として考える方でした。
 そしておっしゃいました。
『ミスというのはけっして個人の問題ではない。会社のミスなんだよ。ミスを隠蔽しない、透明性のある会社にしなければならない』
 会長からいただいた薫陶はこれからも会社全体に徹底して、次の時代に引き継いでいきたいと思っております」(以上で350字程度)
 エピソードは1つまたは2つ入れる程度と考えるといいでしょう。
 弔辞とは、故人を「送る言葉」であると同時に故人の遺産を「いかに引き継ぐか」というためにあるのだと思います。いのちを引き継ぐわけです。引き継ぐ内容は、できるだけ故人の過去の言動を引用するといいでしょう。

 また弔辞は、遺族や会葬者に「共感」を伝えるということが重要です。そのためにも「故人のイメージ」を鮮明に出す必要があります。中心はあくまで故人なのです。
 そして最後は「共感」を伝えることで終わるといいでしょう。
 たとえば、
「会長は5年前に社長の座を譲られたとはいえ、会社の精神的な支柱であられました。私たち社員はこの巨大な支柱を突然失い、途方に暮れています。
 ご家族の皆様のお嘆きはさぞかしと思います。
 会長、あちらに行かれた後も私たちを、ご家族を見守ってください。
 以上をもって弔辞といたします」

 難しい言葉遣いは不要です。皆に伝わるように話すことが大切です。

Q44 自宅に遺骨を保管するのは?

夫が死んで四十九日を迎えます。遺骨をこのまま家に置いておきたいのですが、できますか?(76歳女性)

A  結論から言えば、ご夫君の遺骨を、ご自分が納得するまでご自宅に置いておいてかまいません。
 法律上のことを言えば、遺骨を他人に預けるのであれば預け先は納骨堂になりますが、ご家族がご自宅に保管するのは問題ありません。期限上の制限もありません。
 また、精神健康上もご自宅に保管し、ご自分の手元に置いておきたいならば、そうされるのがいいでしょう。また、気持ちの区切りがついて、お墓等に納骨してもいい、と思ったならば納骨する、ということでよろしいかと思います。

 かつては四十九日までは手元に置いて供養し、四十九日が過ぎたら納骨するという慣習がありました。しかし、それには前提があります。ご家族の気持ちに区切りがついたとするならば、です。
「いつまでも手元に置くと気持ちに区切りがつかないから、四十九日過ぎたら、気持ちに区切りをつけるためにも納骨したほうがいい」と主張される人もいます。しかし、無理して区切りをつける必要はありません。また、手元に置いておいたほうが気持ちが安らぐというのでしたら、それでいっこうにかまいません。
 こういうことは他人が決めることでも、慣習が決めることでもありません。あくまでご自分の気持ちで判断してよいのです。
 夫の遺骨を最期まで手元に置いておき、自分が死んだら一緒に納骨してくれるよう遺言した女性がいます。配偶者を亡くすということは死別でも特別なことです。この気持ちは充分に理解できることです。

Q45 最近は香典辞退が普通?

最近ご近所の葬式で香典辞退が流行しているようです。香典辞退が普通になるのでしょうか?(45歳女性)

A  関西では「香典辞退」が増えているという傾向は確かにあります。
 この理由にはいくつか考えられます。
(1) 香典は「助け合い」精神と言われるが、我が家は助けてもらわなくとも葬式が出せる、という自負があるため。
(2) 香典をもらうと、後で香典返しをしなくてはいけないので面倒である。
(3) 近所や知人との間で気を遣わなくていけないのが面倒。

 私の感想は「索漠とした社会になってきたな」というものです。
 そもそも「香典」とは「香奠」と書いて「香を死者に供える」という意味です。香典を受け取る人の都合ではなく、会葬に来る人の気持ち、死者を弔うという気持ちの表現としてあるのです。
 弔いの気持ちを形にしたものが香典であり、供花なのです。
 受け取ったほうも、お金ではなく、相手の弔いの気持ちとしてありがたく受け取ります。そして死後の大変な四十九日を過ぎた頃に、「おかげさまで無事に四十九日を過ごせることができました」と香典や供花を寄せてくれた方にお礼をします。

 どのくらいのお礼をしたらよいかという決めはありません。しかし、いただいた金額全部やそれ以上の金額の品物をお礼をすると、香典をくださった方の気持ちの負担になってはいけない、と考え、いただいた金額の3分の1から2分の1を目安にしようという慣習ができてきました。
 香典返しをしない例も見られます。遺族に就学期の子どもがいる場合には、残った金額は子どもの養育費用に使わせていただきます、とするのもあります。また、残った金額は社会福祉に寄付させていただきます、とするのもあります。この場合でも文書で丁重にお礼します。

 葬式でのこうしたやり取りを「煩わしい」と感じる人もありますが、葬式というのは世間的体裁や義務感でするものではありません。基本には「死者を弔う」ということがあり、遺族の悲しみに対する「共感」があるのです。
 「面倒くさいのはいやだ」という感情もわかりますが、香典や供花を辞退されると、会葬者、とりわけ故人と深い関係をもってきた人の感情の行き場がなくなり、その方々がとまどうことになります。
 香典辞退はバブル崩壊後の関西地域の流行ですが、これが拡大することは好ましいこととは思えません。お葬式とは故人への弔いの気持ちの集積だと考えるからです。




Copyright © 2005 表現文化社