トップ > 実用 > 葬儀挨拶文の作り方 > 忌みことばについて サイトマップ


 お葬式では「忌みことば」があり、使用を避けるようにいわれていますが、人の死をあるがままに受け取るなら、気にする必要はありません。むしろ変に気にするあまり、不自然にならないようにしたいものです。
 気にされる方のために「忌みことば」といわれているものを参考までにあげておきます。
 
  重ねて  重ね重ね  重々 またまた  再び 再三再四  返す返す 続いて  繰り返す
 
 「不幸が重なる」ことを連想させるようなことばを避けるという心理から出た模様です。「不幸が重なる」の「重なる」からさらに連想し、あらゆる重ねことば(例 くれぐれも、いよいよ、しばしば)を避けるようにと、人によってはたくさんの忌みことばを列挙する場合がありますが程度問題です。
 
 次のことばも「忌みことば」としている例がありますが、心配しすぎでしょう。
 
  また  なお  さらに


Copyright © 2005 表現文化社